So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大手メディアの報道は『粉飾決算』や『魔女のハンマー』みたいだ(゜Д゜)

 
借入金や費用など、現実に存在するものを隠蔽したり、商品や売上など、実際には存在しないものを存在するかのごとく会計処理する場合、『真実性の原則』に反する虚偽記載といわれる。
このような虚偽記載を通じて架空利益を計上する行為を『粉飾決算』といい、逆に利益を隠蔽した場合を『逆粉飾決算』という。
いずれも社会的に許されない行為とされているが、日本における大手メディアの報道は、政治に関して現在『粉飾決算』や『逆粉飾決算』のような記事のオンパレードである。
大本営発表以上ではないかと思う。
当時、大本営発表を信じる人も実際にいたのである。
 
 
 
 
会計における『真実性の原則』は絶対的な真実ではなく、相対的な真実を意味するといわれるが、虚偽まで真実とはいっていない。
会計でこのような『粉飾決算』や『逆粉飾決算』がまかり通れば、ホリエモンの事例をみてもわかるように、投資者の意思決定を誤らせることになる。
大手メディアは国民の意思決定を誤らせることになっても報道に真実性は必要ないと言うつもりなのだろうか?。
本当に活版印刷が発明された頃に出版された『魔女のハンマー』という魔女裁判を可能にした書物並みの酷さだ。魔女裁判では『魔女狩り人』が魔女の証明でオモチャのナイフみたいな針を使ったことを紹介したが、同様にムサシの機械で投票の細工をすれば、『魔女裁判』そのものである。
国民主権は傲慢だという連中は、金や己の保身のために『魔女裁判』のような真似を平気でできる連中だということを国民は知っておいた方が良いと思う。後悔してからでは遅いのだ…。
 

人気ブログランキングへ
https://blog.with2.net/img/banner/m10/br_banner_HalloweenLogo.gif
http://philosophy.blogmura.com/img/philosophy88_31.gif
nice!(0)  コメント(0) 

ドラえもんに出してもらいたい道具

言ってもわからない人間というのは、期待可能性が低いことが多い。


期待可能性とは、行為の当時、行為者が適法行為をすることを期待できること。
故意・過失と並ぶ第3の責任要素と解する説、故意・過失の構成要素と解する説、期待可能性のないことを責任阻却事由と解する説などがある。
だいたい、「右の頬をぶたれたら、左の頬をさしだせ」という言葉を聞いて反論する人間は、ぶってくる人間はたいてい左の頬をさしだすことでぶつのをやめる期待可能性がないからだ。
例えば次のコラムを読んでみよう。




太田は悪だと思っていても、イジメまがいのことをやってるのがわかるだろう。
これはお笑いの人間には、相手の欠点をつくのをやめる期待可能性が低いと言ってるのと同じことだ。
チビには「背高なったなぁ」とか、ハゲには「毛フサフサやん」と言ってあげる思いやりに欠けるのだ。
我国の人民は、個人ではそうでもないが、組織になると、福沢諭吉が「そもそも我国の人民に気力なき源因を尋ぬるに、…人民はただ政府の嗾するところに向かって奔走するのみ。あたかも国は政府の私有にして、人民は国の食客たるが如し。」と述べるように、たちまち適法行為を行う期待可能性が低下する。司馬遼太郎の「手掘り日本史」には『無思想という思想』とか書いてるが実質は、国家に逆らったら、国家によって家族まで殺されるかもしれないという恐怖感が期待可能性を低下させているのだ。
肉体→欲望→他律、魂→理性→自律、この異なる源泉からすべての人間に期待可能性はあるとも言えるが、ないとも言える。
見かけや資格だけみたら、期待可能性が高そうなのに、現代の社会ダーウィニズムの利己主義の思想から、期待可能性のない人間が現代は多い。
誰かドラえもんの秘密道具みたいに『期待可能性メーター』というのを発明してくれないものだろうか?と思う。
きっと自民党や公明党や維新の政治家やその支持者は数値が低いはずだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

果たしてそれが正義なのだろうか?

生命活動は動的であり、連続的・反復的に生じており、確かに相対的なもので、「絶対と言えるものなどない」と言えなくもない。
しかし、生物が、その反復する過程において演繹的な筋道を辿らず反復した場合、どのような結果が生じるだろうか?。
以前からブログで書いてるので詳しく書かないが、A→Bの後、B→Aでなく、B→Cの結果が生じる可能性もあるという話だ。
つまりは下の写真のような結果が生じる可能性があるということだ。
 
 
 
結果本位でルールを無視すると、このハエのようになる可能性がある。実際アベ政治の「積極的平和主義」も本来の意味と正反対である。
紀元前8世紀の詩人ヘシオドスは「正義という法は人間に対してだけゼウスが定めたものであり、互いに食い合いをする魚や獣や翼をもつ鳥どもには、正義なるものは存在しない」と記すが、時代が下ると正義の相対性を説く論者たち(ソフィスト)が活躍するようになる。
結果本位を主張する連中は、果たして全体の姿が見えているのだろうか?。
目先の利益(または危険)に目がくらんで、全体の姿を理解せず【=メタ認知能力の欠如】、自分たちに都合の良いルール(または囚人のジレンマ状態)をつくるために、法の相対性を主張し、「法の支配」を否定して、「力の支配」の法治国家(=強者の利益のみを正義とする国家)を実現することが果たして正義なのだろうか?。
 


学問一般ランキング
nice!(0)  コメント(1) 

豚の哲学を教える麻生氏

 

麻生氏、ヒトラー巡る発言を撤回 「誤解招き遺憾」

 
 麻生太郎副総理兼財務相は30日、派閥の研修会の講演で「ヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメ」と発言したことについて、「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり撤回したい」とのコメントを出した。
 
 麻生氏は「私の発言が、私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾」とした上で、「政治家にとって結果を出すことがすべてであることを強調する趣旨で、悪(あ)しき政治家の例としてヒトラーをあげた」と釈明。「私がヒトラーについて、極めて否定的にとらえていることは、発言の全体から明らかであり、ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らかである」としている。
 
 麻生氏は29日に横浜市で開いた研修会で、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と述べていた。
 
 
麻生氏の発言が仮に誤解だとしても、釈明としての『政治家にとって結果を出すことがすべて』という発言にも問題がある。
このような発言はジョン・スチュアート・ミルに言わせれば『豚の哲学』である。
J.S.ミルは「満足した豚であるより、不満足なソクラテスでありたい。なぜなら、愚者は物語の片面しか知らないが、賢者は両面を知っているから」と記している。
2017-8-15の『エスパー高須』という記事を読んでもらえればわかると思うが、結果がすべてというような連中がいかに自分たちの側のことしか知らないかわかるはずである。
J・S・ミルも黄金律に基づいた「高級な喜びと低級な喜びを区別する方法はただ一つ。両方を経験した人が、それを好むかどうかである」という主張をしているが、特攻でもおまえらはせぇへんくせに美化するなという話である。
結果だけがすべてというが、その結果の内容が戦前のような利己主義的倫理説に立脚して、国民の天賦人権を否定し、滅私奉公を強要する内容なら、マングースにハブを退治する義務がないのと同じで、国民が異を唱えたとしても、自分たちのことしか知らないのだから聞く耳さえ持たなくなるだろう。
それに、動機を問わないというのは人間として一番大切なものを失う可能性があることを知るべきである。



『結果がすべての世界』




現代日本においては、地獄に落ちるような真似をする輩が神と呼ばれ、成功者を妬むなと教えられる。
そして、成功者である神は、自分たちの楽園を奪われないようにするため、地獄よりも地獄的な世界をつくりだす。
人々は、苦しめられる側より苦しめる側に立つために、自らすすんで(忖度して)鬼となり、煙草をふかす。



「私たちは何も悪いことをしていないのにどうしてこんなひどいことができるんだ!?。同じ人間なのに…」
このような怨みの声には、鬼はこう答える。
「正義は人それぞれだ。それに正義というものは、時代や情勢でも変化するし、国や地域などでも違うものだ。この国では、神のおっしゃることが正義なのだ。それに神の命令に逆らえば反対にわしが地獄におとされる…」
「…」
鬼は最後にこうつぶやく。
「気の毒だが、悪い人間が地獄に落ちるんじゃなくて、地獄に落ちた人間が悪い人間なのだ…」
 
 本当に「イッペン、死ンデミル……?」と言いたくなる。


学問一般ランキング
nice!(0)  コメント(0) 

世紀の独裁者

 
麻生氏、ヒトラー巡る発言を撤回 「誤解招き遺憾」
 
 麻生太郎副総理兼財務相は30日、派閥の研修会の講演で「ヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメ」と発言したことについて、「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり撤回したい」とのコメントを出した。
 
 麻生氏は「私の発言が、私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾」とした上で、「政治家にとって結果を出すことがすべてであることを強調する趣旨で、悪(あ)しき政治家の例としてヒトラーをあげた」と釈明。「私がヒトラーについて、極めて否定的にとらえていることは、発言の全体から明らかであり、ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らかである」としている。
 
 麻生氏は29日に横浜市で開いた研修会で、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と述べていた。
 
珍しくNHKのお昼のニュースでも報道されたが、麻生にしても「ナチスクリニック」だとといきってブログに書いてた高須とそっくりでナチスに対して手のひら返しのそっくりな反応をしている。
戦争の時でもアメリカを一番ひどく言ってた輩が戦後一番アメリカに尻尾振るような真似をしたそうだから、驚きに価しないのかも知れないが…。
最近、アメブロで結果から考えることは魔女裁判にも通じるものがあり危険だと指摘した。
結果から考えることは、その過程において(安倍や麻生や高須みたいに)一貫性がなくなるのだ。
日本の裁判は「99%有罪」というカラクリも結果から考えるからだ。
そしてそれを支える制度が『代用監獄』である。

「代用監獄」とは何ですか?

(1)世界でもまれ
日本の刑事訴訟法では、逮捕された被疑者は、3日以内に裁判官の面前に引致されなければならず、裁判官が勾留の決定をすると、被疑者は拘置所に移されて、最大10日間(更に10日間、特殊な犯罪の場合には15日間延長が可能)拘禁されることになっています。
しかし、実際には、監獄法(1908年)で「警察官署に付属する留置場は之を監獄に代用することを得」と定めているため(1条3項)、ごく例外的な場合を除き、全ての被疑者が勾留決定後、捜査を担当する警察の留置場(代用監獄)に連れもどされます。被疑者は、警察によって、逮捕後23日間も拘禁され、身柄を管理されるのです。この警察留置場に監獄の代用として被疑者を長期間拘禁し、取調べを行うことを認める日本独特の制度が、「代用監獄」制度です。

(2)えん罪の温床
日本の警察は被疑者の取調べに熱心で、自白を強要しがちです。自白を得るために、警察官が被疑者を拘禁している状況を不当に利用することがしばしばあります。深夜までの厳しい取調べによって無実の者が自白させられる等、代用監獄制度が深刻な人権侵害やえん罪の原因となっています。
警察庁は、「1980年から捜査部局と身柄管理部局(看守係)を分離したので、人権侵害はもう起こらない」と主張していますが、同じ警察の内部で係を分離しても無意昧です。現に、その後もえん罪事件は次々と発生しています。

(3)約束違反の存続
1908年に拘置所の不足から暫定的制度として発足し、政府自身その弊害を認めて、「将来は監獄として用いない」ことを約束した「代用監獄」が、捜査にとって非常に便利なために現在も維持、活用されているのです。

(1996年12月1日 日本弁護士連合会発行 「代用監獄の廃止を求めて」より)

(※現代でも上述されていないが殴る蹴るの暴行も普通に行われている。)

こんな結果という欲望からくる権利ばかり求め、過程において理性から求められる義務を放棄する輩はヤクザと同じで、こんな輩に権力を集中させる危険性を国民は知るべきだと思う。



学問一般ランキング
nice!(0)  コメント(0) 

アダム・スミスはインディアン?

 

アダム・スミスは『国富論』の中でこんなことを述べている。

 

 
 
 
こんなことを現代日本で述べたら、「おまえはインディアンか?」「なんでインディアンの悪いことは言わないんだ」「獅子身中の虫」などとネトウヨ・ネトサポに叩かれることになるだろう。
そして本音は「金銀鉱山の発見」であっても特定秘密にして、建前である「もっと称賛すべき他の動機」を垂れ流して国民を洗脳するのだ。
アメリカの場合、世が下るとともに、この「もっと称賛すべき他の動機」を持つ人々が、「金銀鉱山の発見」を動機とする人々を洗い流してしまったわけであるが(残念なことに新自由主義により不正と愚行の原理を唱える人々が、「豚は身を洗って、また泥の中にころがる」みたいに復活しているが…)、これが「もっと称賛すべき他の動機」ではなく、もっと不正と愚行の他の動機を付け加えていたらどうなっていたであろうか?。ヤクザのように血を血で洗う結果となり、称賛すべき国家とはならなかったのではなかろうか?。ガンジーは『目には目をでは世界が盲目になるだけだ』と述べたそうだが、血を血で洗っても囚人のジレンマに陥るだけで、また、身を洗って、また泥にころがってもなんの改善にもならないことがわかるだろう。
このようなアベ政治の不正と愚行を隠す真似を非難したからと言って「どこの国の国民だ!」という輩は、愚行と不正を助長、幇助する頭の狂った獅子身中のウジ虫と呼ぶべき存在であろう。
 


学問一般ランキング
nice!(0)  コメント(0) 

王様を欲しがったカエル

権力分立を否定し、社会ダーウィニズムに基づいて権力集中を唱え、国民主権を否定し(=政治家の義務の放棄)、国家主権を肯定(=政治家の命令には絶対服従)する宣伝を大々的に行っている現代日本を見ているとイソップ物語のこんなお話を思いだす。


『王様を欲しがったカエル』
 
 
これとよく似た話で、沖縄のハブ退治のためにマングースを導入した例があるが、マングースはハブを退治せず、ハブより弱いヤンバルクイナやオキナワキノボリトカゲなどの島固有の希少種を食べた。
戦前の国民主権否定の権力集中制を取り戻したら、国民はただのエサの立場になることを知るべきだと思う。
 

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

 

※国家主権(こっかしゅけん)

国家が領域内においてもつ排他的支配権のことであって,単に主権ともいわれるものであるが,主権という用語が多義的であるのに伴って,この国家主権も種々に解される。一つは,ある国家が他の国家の権力のもとになく対外的に独立しているとき,すなわちその国家が主権国家であるとき,その国家を主権国家たらしめる力をいう場合である。他は,対内的に国家の最高の力としての主権が君主にあるのでもなく,また国民にあるのでもなくて国家そのものにあるとされるとき,それをいう場合である。これは国家法人説にみることができる。なおこの国家法人説における国家主権は,独特の意味内容をもっている。すなわち,この学説は君主主権人民主権とを妥協させるため,主権の保持者は人格としての国家にあると主張して,国家主権という概念をつくり出したからである。


学問一般ランキング
nice!(0)  コメント(0) 

概念とは?~こんな人たちについて考える~

広辞苑によれば【概念】とは、

〔哲〕(concept フランス・ イギリス・Begriff ドイツ)
①事物の本質をとらえる思考の形式。事物の本質的な特徴とそれらの連関が概念の内容(内包)。概念は同一の本質をもつ一定範囲の事物(外延)に適用されるから一般性をもつ。例えば、人という概念の内包は人の人としての本質的特徴(理性的動物あるいは社会的動物など)であり、外延はその特徴をもつあらゆる人々である。しかし、個体(例えばソクラテス)をとらえる概念(個体概念・単独概念)もある。概念は言語に表現されて「名辞」と呼ばれ、その意味内容として存在する。概念の成立については哲学上いろいろの見解があって、経験される多くの事物に共通の内容をとりだし(抽象)、個々の事物にのみ属する偶然的な性質をすてる(捨象)ことによるとするのが経験論の立場で、これに対立するものが経験から独立した概念(先天的概念)を認める合理論の立場。
②大まかな意味内容。
と説明されている。

【内包】や【外延】という耳慣れない言葉が使われているが、これらの言葉も広辞苑によれば次のように説明されている。
がい‐えん【外延】
(extension)
〔論〕ある概念の適用されるべき事物の範囲。例えば金属という概念の外延は金・銀・銅・鉄などである。⇔内包。

ない‐ほう【内包】
①〔論〕(intension; connotation)概念の適用される範囲(外延)に属する諸事物が共通に有する徴表(性質)の全体。形式論理学上は、内包と外延とは、反対の方向に増減する。例えば、学者という概念は、哲学者・文学者・科学者・経済学者などの学者の全種類を包括するが、学者という概念に「哲学研究」という徴表を加えると、内包はそれだけ増加し、外延は反対に減少する。内容。
②内部に含み持つこと。

概念の適用については見解の相違はないが、成立については見解の相違が存在する。この概念と同様の相違が法についても存在する。
概念といわれてもピンとこない人が多いかもしれないが、概念に内包されることが変化するとアベの「こんな人たち」や維新・村上の「あなたみたいな人のいうこと聞く価値ないですね」という発言がとびだしてくることになる。こんな政治家は理性を持たない人と呼べない連中なのであるが麻生などそれが政治家というのだからアホウと苗字を変えろと言いたい。例えるなら「今日から金以外金属ではありません」というようなもので他の金属に意識があるのならきっと「じゃぁ、俺たちは何なんだ?」と思うことだろう。このような概念の変化は、概念をア・プリオリな真理ととらえるかア・ポステリオリな真理ととらえるかで生じている。
ア・プリオリな真理ととらえる場合このような概念の変化は生じないが、概念をア・ポステリオリな真理ととらえる場合このような変化は認められる。

ア・ポステリオリな真理とは経験によってわかる正しさであり、ア・プリオリな真理とは経験に頼らずとも命題を見ただけで正しいとわかる真理であるが、この相違は何から生じているのだろうか?。
ア・ポステリオリな真理は帰納的推論から導き出されたものである。
「帰納的推論」とは、具体的な事例(一昨日も日が昇った、昨日も日が昇った・・・)から普遍的な法則(つねに日は昇る)を導き出すような推論のことを言うが、このような推論から導き出された真理を将来に関してまで適用するのは、白いカラスが存在するようにいつ主観的で不確実なものに変化してもおかしくないものであるから、変化するというのはうなずける。
他方、ア・プリオリな真理とは、経験的認識に先立つ先天的、自明的な真理であるから、演繹的推論の大前提となるものであり、演繹的推論とは「前提が正しいと必然的に結論も正しい」のであるから将来についても客観的・確実性を備えるものと言える。
このように両者の最大の相違は、過去・現在ではなく、将来についても言えるかどうかである。
明治時代「天賦人権」と訳された「基本的人権」は先天的概念であるが、戦前の日本はこれを否定していた。このような「天賦人権」を否定する日本会議の糞カルト集団の考える憲法改正がなされれば、籠池氏を見ればわかるように多くの人がいつ「こんな人たち」になってもおかしくないことを知っておくべきだと思う。

学問一般ランキング
nice!(1)  コメント(0) 

アブダクション

麻生氏は29日に横浜市で開いた研修会で、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と述べていたそうだが、政治家がこのような原理で行動すると、観察者である国民は「アブダクション」と呼ばれる推論をよくしてしまう。
Wikipedia「アブダクション」
アブダクションは、結論 b に規則「a ならば b である」を当てはめて仮定 a を推論する。帰納が仮定と結論から規則を推論するのに対し、アブダクションは結論と規則から仮定を推論する。アブダクションは、推論した仮定が真であることを保証しない。アブダクションそれ自体としては、形式的には論理学でいう後件肯定に等しい。このようにアブダクティヴな推論はそこで提起される原因が疑わしいので、「前後即因果の誤謬 (Post hoc ergo propter hoc)」という時間の前後関係を因果関係と混同した虚偽の論法に似ている。

アブダクションも「帰納的推論」の一種で、Wikipediaで紹介されている「カラスは黒い」という感じの帰納法は「枚挙的帰納法」のことを言っている。違いはWikipediaでも述べられているように、仮定を推論するか規則を推論するかである。
アブダクションの例をあげるとすれば次のようなものである。
①すべての金属は熱したら膨張する。
②金属Aは膨張した。
③ゆえに金属Aは熱せられた。
これが、
①すべての金属は熱したら膨張する。
②金属Aを熱した。
③ゆえに金属Aは膨張した。
であったなら、演繹的推論となる。
ここで以前ブログでご紹介した「人道」と「鳥獣争奪の道」の話を思いだしてもらいたい。


麻生氏や明治維新の官軍のいうように「結果がすべて(勝てば官軍)」であれば、食糧(現代なら金)が手に入ればそれでいいのであるから、「人道」によろうが「鳥獣争奪の道」によろうが関係ない。
そう考えると人道とは演繹法なのだ。
騙したり盗んだりなどして食糧を手に入れたとしても、それでその人が偉いとか立派だと思うのは「アブダクション」そのものである。
食べれたら一緒か、真面目に働いたから食べれる、どちらもあり得ることであるが、みんながそうしたら戦争になる・平和になる方はどちらか?というのを政治家は考える義務があることを忘れないでもらいたい。
そのような義務を放棄して利己主義(=社会ダーウィニズム)に走るのは専制にも劣る政治形態である。

nice!(1)  コメント(0) 

アメブロでアクセス0の過去記事②

『【歴史戦】 | 哲学・倫理時々小説のブログ』 https://ameblo.jp/4649-ixxc/entry-12291611698.html
『YESバカですクリニック! | 哲学・倫理時々小説のブログ』 https://ameblo.jp/4649-ixxc/entry-12296280813.html
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -